七尾フィッシャーマンズ・ワーフ能登食祭市場

能登 旅はじめ

能登 旅はじめ

とびきり新鮮!
能登の旅は食祭市場から。

美味と祭りの半島、能登の玄関口“七尾”。
七尾フィッシャーマンズ・ワーフ能登食祭市場は、天然の良港として古くから栄えてきた能登最大の漁港・七尾港にあります。
朝どれの新鮮な海産物や能登の銘産品の販売、四季折々の能登の祭りをはじめとした観光情報の提供、グルメが味わえるレストランやイベント広場もあり、能登の魅力がぎゅっと詰まった旅拠点、それが能登食祭市場です。

お魚をモチーフにした
ワーフの建物。

アメリカ・カリフォルニア州にある美しい港町で、世界的な観光地としても有名なモントレー。
能登食祭市場の建物は、そのモントレーシティのフィッシャーマンズワーフをお手本に、能登の新鮮なお魚をモチーフにして設計されました。“フィッシャーマンズワーフ”とは、直訳すると“漁師の波止場”。
壮大な半島に位置し、湾を見下ろす雄大な景色や美しいビーチ沿いに集まるホテル、新鮮な魚介を活かした食文化など、モントレーシティはここ能登・七尾ととてもよく似ています。
1993年、モントレーフィッシャーマンズワーフと七尾フィッシャーマンズ・ワーフは姉妹提携をし、互いに友好を深めています。

観光にビジネスに絶好のロケーション。

汐風につつまれた憩いとくつろぎのポートオアシス、能登食祭市場は「みなとオアシス」および「道の駅」に登録されています。
情報・交流・食事などの充実した“観光拠点機能”とともに、多目的に利用できるホールや研修室などビジネスをサポートする“コンベンション機能”も備えています。
また、波おだやかなな七尾湾の景色を目の前に展望でき、周辺には開湯1200年の歴史ある和倉温泉や、自然豊かな能登島などの観光スポットが盛りだくさん。
能登食祭市場を拠点に、思い思いの旅の楽しみが
広がります。